VLOG(ブイログ)サービスが2016年度グッドデザイン賞!

ビジネス

room-camera

こんにちわ

ゆっきーなです。

 

最近、

仕事で夜の外出が多くなり、

家で子供たちに留守を

お願いする機会が増えました。

 

上の子が大きいので、

二人で留守番してくれる

ことに不安感はありません。

 

でも、一応お年頃なので

仕事の合間に

子供に連絡を入れ

「大丈夫?よろしくね?」

と聞くのですが、

そっけなーい返事しか。。。(笑)

 

スポンサーリンク

小さいお子様のいるご家庭に最適なIoTデバイス

最近では、留守番している

子供たちの様子を動画で

確認できるシステムや、

家電製品のONOFFを

遠隔操作できるシステムも

開発されています。

 

そんなニュースを聞いて、

「私の子育て時期にもこういうのがあったら、仕事への関わり方が違ったかもなァ」

なんて羨ましく

思っていました。

 

そんな事を思いながら

ググっていたら、

「幅広い拡張性を持つビデオログサービス「VLOG(ブイログ)・サービス」2016年度グッドデザイン賞を受賞!」

という記事を見つけました。

 

ビデオログサービスってなに?

ビデオログは、アプリを

スマホにダウンロードし、

自宅に設置したクラウドカメラ

「VLOG CAM」

とリンクさせて、

自宅の様子を確認したり、

部屋にあるエアコンの

遠隔操作もできるサービスです。

 

メーカーの説明によると・・・

(1)インテリア性にも優れたコンパクトなクラウドカメラ「VLOG CAM」

(2)スマホで簡単にライブ映像の閲覧や自動録画、顔認識などの映像解析ができるクラウド型ビデオログ「VLOG(ブイログ)」

(3)部屋の温湿度や空気の状態を確認したり、エアコン操作ができる家電コントローラー内蔵環境センサー「bPoint COMFORT」

※将来的には他の家電製品のリモコンとしても機能拡張を予定している

 

設置も簡単で、かつ高性能、

コストパフォーマンスに

優れたサービスなんだそうです。

 

グッドデザイン賞受賞記念販売を開始!

幅広い拡張性を持つビデオログサービス「VLOG(ブイログ)・サービス」2016年度グッドデザイン賞を受賞!

「VLOG CAM」と

「bPoint COMFORT」

のセット商品が、

本日から10月末までの

期間限定で特別セット価格

18,500円(税抜)

で販売されるそうです。

 

さらに!

この限定セットには、

すべての機能を利用可能な

フルレコ7プラン(980円/月)も

6ヶ月間無料で

ついてくるんだそうです。

 

グッドデザイン賞審査委員の評価

ホームセキュリティには様々なサービスやプロダクトが存在するが、このVLOGで最初に目を引くのが、無駄を削ぎ落とした可愛らしい球体のカメラである。

生活の中で常に使用するものであるから、いかにも監視カメラのようなものではなく、こうしたインテリアになじむものが望ましい。

また、導入コストが低いにもかかわらず、撮影された映像は全てクラウドに自動的にアップロードされるなど機能性が高い。

さらに監視カメラ以外の使い方として、定点カメラならではの応用が幅広く提案されており、ユーザーインターフェイスもそうした日常使いを支援するデザインとなっている。

今後は機械学習による顔認識や、IoTデバイスとの連携といったアップデートも予定されており、拡張性の高さも評価のポイントとなった。

引用:グッドデザイン賞オフィシャルウェブサイト

 

グッドデザイン賞とは

日本で唯一の総合的なデザインを評価・推奨するグッドデザイン賞。

約60年の歴史があり、受賞件数はのべ45,000件以上となります。

コンセプトは、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動です。

今日では国内外の多くの企業団体が参加する世界的なデザイン賞と発展し、グッドデザイン賞受賞の証である「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして認知されています。

Good Design Award
グッドデザイン賞の仕組みや、過去のすべての受賞対象が検索できる「グッドデザインファインダー」など、グッドデザイン賞に関する情報をご紹介するサイトです。毎年1回(4~6月頃)募集する、グッドデザイン賞への応募もこのサイトから行うことができます。

 

家族の安心で幸せな毎日を

大切にサポートしてくれる

サービスは、

グッドデザイン賞に

相応しいですよね。

 

大切な家族の安全を

担保するグッズとして

子育て世帯などに

とてもオススメですね。

「VLOG(ブイログ)・サービス」

ドリームニュース・ブログメディア参加記事