高齢者の在宅帰宅検知・位置情報を見つける「みまもりAirTalk」

取材日記

airtalk

こんにちわ、ゆっきーなです。

リオ五輪でのメダルラッシュで、連日のニュースが明るくて嬉しいですね。

 

突然ですが、迷子の経験がある方って、あまりいないかもしれませんね。

あったとしても、それは幼いころの事だろうと思います。

 

先日、ある新聞で「痴呆症で迷子になっていたおばあさんを男子学生が家まで送り届けた」ことが取り上げられていました。

迷子になった経験がある方はわかると思いますが、迷子ってすごく不安で怖いですよね。

 

特に、誰にも気づいてもらえない場合の迷子は、頼れるのは自分だけですから、とても不安に感じてしまいます。

それがもし痴呆症にかかった事による迷子だったら・・・。

 

迷子になった本人にも、残された家族にも、二度と会えないかもしれない不安感やどうなってしまうのかという見えない恐怖が一気に襲いかかり、本当にパニックです。

 

スポンサーリンク

今までの見守りアイテム

痴呆症を患っている方の身守り問題は今までも何度となく議論され、セキュリティ会社や携帯電話会社などが積極的に対策を検討し、迷子になった方を対象にメールや電話などを送る、もしくは、緊急ボタンを押せば、もしくは携帯電話や発信機を身に着けていれば、探知ができるようなシステムで身守り対応を行ってきました。

 

問題はインターネットが繋がらない時

しかし、今までのやり方では、せっかく携帯電話や発信機を身につけていても、痴呆症の方がその使い方を忘れてしまう可能性も高く、充電池が切れてしまったり、どのような状況であるかを把握するのは難しいケースも多いと聞きます。

 

また、インターネットが繋がらない場所や状態では、携帯電話や発信機からシグナルが発信されないため、探知も出来なくなるそうです。

 

次世代の身守りはインターネット不要!

OFF Line社、高齢者の在宅帰宅検知・位置情報を見つける「みまもりAirTalk」 正式サービス提供を開始 ~年内5000人、2年目までに8万人利用予定~

最新鋭の技術を取り入れつつアナログな方法で身守りをするには、インターネットがなくてもデバイスが位置情報を発信してくれるものだと思い、いろいろと調べてみました。

 

そして、

インターネットを不要とするコミュニケーションアプリ「AirTalk(「エアトーク」)」を運営するOFF Line株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:石塚孝一、以下:OFF Line社)は、徘徊する高齢者の在宅帰宅検知、位置情報を見つける「みまもりビーコン」サービスの提供を平成28年8月9日正式に開始しました。

という記事を見つけました。

 

AirTalk(エアトーク)

AirTalk(エアトーク)とは、ネットではなく近距離無線(BLE/Wi-Fi)を使い、直径最大240m高速情報通信を可能にするアプリのことです。

 

現地点では直径最大240mと近距離に限られますが、この範囲内にある「みまもりビーコン」であれば、場所を割り出すことができます。

 

つまり、「みまもりビーコン」さえ持っていてくれたら、何のコンタクトがなくても、相手の場所を特定できるのです。

 

コミュニケーションアプリ「AirTalk(「エアトーク」)で、家族の安心を

気になるアプリ「AirTalk(「エアトーク」」の詳細は・・・

 

「みまもりビーコン」サービス仕様

基本パック:

・480円/月(介護保険利用時)

・外出時検知&家族等通知

・位置情報通知

・個人賠償責任保障(最大1億円補償)

 

安心パック:

・外出時検知&家族等通知

・位置情報通知

・個人賠償責任保障(最大1億円補償)

・徘徊時ドローン捜索

 

しかも、「みまもりビーコン」は見た目はお守り型で、年配の方でも違和感なく持ち歩いてもらえるデザインになっています。

 

安心パックが教えてくれる意外な心配事

今回の「安心パック」で、今までは気付いていなかった心配事がありました。

それは、一人迷子になっている間に誰かに怪我をさせたり、誰かの物を壊してしまったりした時の対処です。

 

一人で不安で怯えているだろうことまでは想像ができますが、その場でいつもとは違う何かが起きた場合に、第三者に迷惑をかけてしまう場合も考えておかなくてはいけないという現実です。

 

今回の「みまもりビーコン」はお守り型をしており、それが何であるかを忘れてしまった場合でも、自然とお守りとして持ち歩いてもらえる可能性が高いです。

 

そして、アクションがなくても探知ができるのは、困っている方にとってはとてもありがたいサービスだと思います。

 

年内に5000人、2年目で8万人の利用がすでに見込まれており、カバーしてくる範囲なども含め、今後の対応が期待されますね。

みまもりビーコン

ドリームニュース・ブログメディア参加記事