歯医者さんの水はこんなに危険!?

取材日記

dental mizu

こんにちわ、

ゆっきーなです。

 

歯医者さんは、

多くの人にとって

「子どもの頃からよくお世話になっている、一番身近なお医者さま」

ではないでしょうか。

 

私が初めて一人で

通ったお医者さまは、

近所にある

イケメン歯医者さまでした(笑)

 

スポンサーリンク

院内感染が発生すると病院の信用はガタ落ち

一般的に、医療機関は

人に触れることが

とても多い場所であり、

時に命をも預かっています。

 

だから、

衛生面について

とても神経を

使っていますよね。

 

なので、「院内感染」が

発生した場合、

ニュースでも

とても大きく取り上げられます。

 

人間の心理として、

小さな病院よりも

大病院を選ぶ傾向に

ある理由として、

大きな病院の方が

人の手がより多く、

衛生面などの

細かいところまで

手入れが行き届いている

気がするからだと思うのです。

 

だから、

「院内感染」事故が

起きた病院の信頼は失墜し、

その直後から患者さんが

一気に離れてしまう

のだろうと思います。

 

多くの患者さんが

体調不良を

治してもらうため、

自分の体を預ける

医療機関の

「クリーンネス」を

とても重要視している

のですから、当然の

リアクションだと思うんです。

 

歯医者さんの水はこんなに危険!?

衝撃的な

記事がありました。

 

 

「読売新聞の夕刊記事」では、

多くの人が信頼して

通っている歯医者さんで

使われている治療用の水に

衛生面での問題があるというのです。

 

歯が痛くなって駆け込み、

「こちらにお座り下さい」

と案内されて座るチェアには、

水道水が流れている

管が通っていて、

治療の際に使われたり、

うがいをする際に

使われたりしています。

 

患者さんが座って

治療を受けている間は

水は循環され

問題が起こる可能性は

少ないのに、

誰も座っていない時に

滞留している間に

水に含まれている細菌が増殖し、

衛生的に問題になり得る

数値まで増えてしまう

可能性があるそうなのです。

 

歯医者さんでは、

通常の水道水で治療が

行われているという事実にも、

実はちょっと

驚いてしまったのですが、

治療中は麻酔などの

注射により歯茎が傷ついたり、

時に血が出たりします。

 

そして、

「はい、うがいしてくださ~い」

の言葉を合図に

うがいをしている、

その水に準値以上の細菌が

増殖している

可能性があるなんて・・・!

とってもショックです!

 

健康が一番なのは

もちろんですが、

気軽に歯医者さまに

行けなくなってしまいました。。。

レビューブログからの情報でした♪

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ