防災アプリはNHKがオススメ

徒然日記

hurricane

こんにちわ、

ゆっきーなです。

 

最近、毎週のように

台風や地震に追われている

感じがしています・・・。

 

大雨で緩んだ地盤を

狙って襲うように

地震が来ている

気さえします。

 

スポンサーリンク

皆さんは、災害対策はどうしてますか?

東日本大震災の直後は

家族で対応について

よく話し合っていましたが、

最近はちょっとサボり気味。。。

 

子ども達も大きくなり

生活範囲も異なってきたので、

災害の際の対応について

改めて家族で

相談することにしました。

 

災害発生時のシュミレーション

<家族全員が外出中の場合>

子どもは学校に居る場合は学校に待機

大人は安全を確認した上で帰宅

 

<子どもが自宅、親が外出中の場合>

子どもは家が安全な場合は親が帰ってくるのを待つ

大人は安全を確認した上で帰宅

 

<親が自宅、子どもが外出中の場合>

子供は迎えに行くまで学校で各自待機

 

あとは、

地域の避難場所の確認をしたり、

危険そうな場所をチェック。

 

気休めかもしれませんが、

非常時ほど

「いつもだったら、こうしているだろう!」

が通用しないと思います。

 

なので、可能な限り具体的に

行動の仕方を確認しておけば

不安感が減るだろうと

思うんです。

 

情報収集の方法の確認

災害時は、子供たちも含め、

スマホがどの程度活用できるか

大きな問題ですよね。

 

また、

災害時の現状を知るために

各々に情報収集してしまうと、

違う情報で行動してしまう

かもしれません。

 

なので、

「親は◯Xのアプリの情報をメインに状況判断します」

というのを

伝えておくことに

しました。

 

「NHKニュース・防災」アプリが便利!

news-bousai

我が家では、

テレビやラジオがない

場所でも、

最新の災害情報と

ニュースが見れる

NHKニュース・防災アプリ

を中心にすることに

しました。

 

6月20日にリリースされた

ばかりのアプリですが、

無料で利用できる

NHKの公式アプリです。

 

特徴は、

ニュースと天気予報、

気象情報、防災情報の

4つが確認できること。

 

シンプルに

上記の4つのメニューに

分かれているので、

小さい子供でも

分かりやすいと思います。

 

単なる災害用アプリだと

普段使わないから

いざという時に

アタフタしてしまいます。

 

なので、

普段から使うアプリとして

緊急時も手慣れで使えそう。

 

そして、

NHKの公式アプリだから、

学校やオフィス、

公共機関などで活用される

情報が見られます。

 

災害で離れ離れの状況でも

お互いの判断を

推測しやすいですよね。

 

何か起こってからでは遅いので、

パパと相談した内容を踏まえ、

すぐに全員でアプリを

共有したいと思いました。

 

詳細はこちら