FXとは何ぞや?

FX投資

こんにちわ、ゆっきーなです。

先日、ブログに書きました通り、

FXについてですね。

 

スポンサーリンク

そもそもFXって何?

まずFXとはなんぞや?ですが、

Foreign Exchangeの頭文字で、

日本語で言うと

外国為替証拠金取引

と言います。

 

で、まぎれもなく投資となります。

何に投資をするのかというと

外国通貨です。そうお金です。

 

外国通貨を売買することで

為替差益(儲けですね)を得ようということです。

 

わかりやすい例で言うと、

アメリカに旅行に行くのに、

日本を出発する前に、

銀行や空港で1ドル110円とかで両替して

旅行をたのしんで帰ってきて、

残ったドルをまた銀行などで両替しますよね?

 

これをネット上で短い時間で行っているのです。

 

もっと具体的に言うと、

日本を出発する前に

1ドルへの両替が110円だったとして、

旅行から帰ってきたら

1ドル120円に変わっていたとすると、

11000円で100ドルを買って、

100ドルを12000円で売った事になりますね。

 

帰国したら、1000円儲かったわけです(笑)。

これが為替差益です。

 

この為替差益を得る行為、

すなわち通貨の価値の変動を利用して

資産を運用する投資商品を

FXと言います。

 

FXで儲けるには

FXで儲けるには、

  1. 「外国通貨を安く買う」→「外国通貨を高く売る」
  2. 「外国通貨を高く売る」→「外国通貨を安く買う」

の2通りがあります。

 

1.の「外国通貨を安く買う」→「外国通貨を高く売る」は

最初の方で旅行の例にも出した通り、

比較的わかりやすいですよね。

 

1ドル100円の時に、10000円を払って100ドル買い付けます。

そして、1ドル110円にドルが変動した時に、100ドルを売ります。

 

売れた金額は11000円ですから、1000円儲かったわけです。

 

「なんだ、1000円か」なんて言わないでくださいね。

1ドルにつき10円儲かるわけですから、

1万ドルを購入していたら、

アッと言う間に10万円の利益になるんですよ。

 

さて、次は2.の方です。

「外国通貨を高く売る」→「外国通貨を安く買う」

とはどういう事でしょうか?

 

「私はドルとかユーロは持っていないよ」

と頭に浮かびますよね?

 

これがFXの特徴の一つでもあるのですが、

持っていない通貨を売る

行為から取引を始められるのです。

 

1ドル110円の相場の時に売り出して、

1ドル100円に相場が変わった時に買い戻します。

 

その時の金額差も為替差益として儲けになるのです。

 

FXとは何かのまとめ

  • FXは外国の通貨を売買して差益を得る投資商品
  • 外国通貨を買って、値段が上がったら売ると、資産が増える
  • 外国通貨を売って、値段が下がったら買うと、資産が増える

これがFXの原理原則です。

 

それではまた次回の記事も

ゆっくり読んでいってくださいね。