金平糖の語源は何語?

金平糖 クイズ

こんにちは、

ミッチーです。

金平糖って

たまに食べたい

ですよね?

たぶん、お砂糖の塊

なんでしょうけど、

美味しいですよね〜

ポイントタウンからの

そんな金平糖の問題です。

金平糖の語源は何語?

以下の四択です。

・ポルトガル語

・中国語

・フランス語

・英語

うーん、

中国っぽいですかね??

ポイントタウンのクイズのこたえは?

答えは、

ポルトガル語

でした。

今さら聞けない「金平糖」ってナンだ!?

金平糖(こんぺいとう、コンペイトー)とは、砂糖と下味のついた水分を原料に、表面に凹凸状の突起(角状)をもつ小球形の日本の菓子。

金米糖、金餅糖、糖花とも表記される。語源はポルトガル語のコンフェイト (confeito) 。金平糖はカステラ・有平糖などとともに南蛮菓子としてポルトガルから西日本へ伝えられたとされる。初めて日本に金平糖が伝わった時期については諸説あるが、戦国時代の1546年(天文15年)とも言われる。引用:wikipedia

日本に伝来した頃の

エピソードとしては、

1569年の戦国時代、

キリスト教の布教に

来日した宣教師

フロイスが、

二条城で織田信長に

金平糖を献上したそうです。

そのとき、

金平糖はフラスコに

入っていて、

一緒にローソクも

献上されたそうです。

上記のようなクイズを

毎日されたい方は、

ポイントタウン

行ってみると良いですよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク