太宰 治の作品ではないものは次のうちどれ? #クイズ

こんにちは

ミッチーです。

ひとつは昭和を

代表する作家の作品です

問題:太宰 治の作品ではないものは次のうちどれ?

次の4つから

正解を選んで下さい。

点と線
走れメロス
津軽
桜桃

さて、どれでしょう?

正解:クイズの答え

こたえは

点と線

でした。

出典:ポイントQ

点と線とは

『点と線』(てんとせん)は、松本清張の長編推理小説。『旅』1957年2月号から1958年1月号に連載され(連載時の挿絵は佐藤泰治)、加筆訂正の上、1958年2月に光文社から単行本が刊行された。後に電子書籍版も発売されている。

福岡市香椎の海岸で発見された男女の情死体に疑問を持った2人の刑事の事件捜査を活写し、F・W・クロフツらによって確立されたアリバイ崩しのスタイルを継承したミステリー長編。著者の最初の長編推理小説であり、松本清張ブームを巻き起こした作品である。引用:wikipedia

アリバイ崩しに

福岡に行きたい方は

こちらとかですかね(笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。