オコエ要する関東一が6度目の甲子園

19安打の猛攻で東東京を制した関東一

第97回全国高校野球選手権大会

東東京大会は7/27に決勝戦が行われ、

第1シードの関東第一が日大豊山を

14-1で下し、5年ぶり6度目の

夏の甲子園出場を決めた。

プロ注目のオコエ瑠偉外野手の機動力と強肩

決勝で8盗塁を決めた関東一

この機動力の中心は、

1番を打つオコエ瑠偉外野手(3年)だ。

センター前安打を二塁打にして

しまう50m5秒9の俊足と

遠投120mの強肩が売りだ。

甲子園では、

脚と肩で全国デビューを果たす。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク