アメリカは北朝鮮に先制攻撃するのか

引用:ウィキペディア

こんにちは、三井です。

ニュースの備忘録として昨日から始めました。

で、北朝鮮とアメリカの鬩ぎ合いが続いていますね。

僕が生きている間にも、多くの戦争や有事をニュースで見てきました。

湾岸戦争やアフガニスタン、イラク戦争などなど。

記憶にはありませんが、子供の頃にはベトナム戦争も終わっていませんでした。

深夜に空爆を開始した湾岸戦争の映像は、今でも鮮明に記憶に残っていますし、イラク戦争では、フセイン大統領の銅像がロープで引き倒されたシーンも印象深かったです。

ただ、これらは物理的には遠くの出来事で、衝撃は覚えましたが、緊迫感はありませんでした。

でも、朝鮮半島有事は違いますからね。

とっても気になります。

アメリカも北朝鮮も「いつでも」と牽制

毎日新聞のWEBでは、

北朝鮮の韓成烈外務次官は14日、AP通信のインタビューで、6回目の核実験について、最高指導部が適切と判断した時期に、いつでも実施すると述べた。 引用:毎日新聞

と報じていますね。

対して、アメリカのトランプ大統領はツイッターで「中国が北朝鮮の対処をできなければアメリカが単独で行う」と投稿しています。

朝鮮半島近海には、カールビンソンという空母や巡航ミサイルのトマホークを発射できる駆逐艦が準備していると言われています。

カール・ヴィンソンは、2011年にアルカイダのウサーマ・ビン・ラーディンの海葬をした航空母艦ですね。

先日のシリアのアサド政権への空爆と同様、昨日はアフガニスタンのイスラム国(IS)に対して、大規模爆風爆弾(MOAB)を投下。

トランプ大統領が、武力行使の実効性を北朝鮮に(金正恩最高指導者に)誇示したようにも見えますよね。

明日4月15日は要注意

明日4月15日は、北朝鮮創設者、故金日成(キム・イルソン)主席の生誕105年にです。

様々な人が、北朝鮮にとって重要なこの日に6回目の核実験をするのではないかと、推測しています。

韓国での報道では、韓国内にいる北朝鮮諜報部員に対して、暗号放送があったそうです。

北朝鮮が核実験を強行し、それに対してアメリカが通常兵器で北朝鮮を攻撃。

さらには、北朝鮮が同盟国やそこにある米軍基地に報復攻撃をする、なんてシナリオが展開されないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。