映画「風と共に去りぬ」の舞台となった国はどこ? #クイズ

Gone With the Wind

こんにちは、ミッチーです。

クイズの時間で〜す。

問題と答えが続けて

掲載してあります。

ゆっくりスクロールして

楽しんでくださいね。

問題:映画「風と共に去りぬ」の舞台となった国はどこ?

次の4つから

正解を選んで下さい。

ポルトガル
フランス
オーストリア
アメリカ

さて、どれでしょう?

正解:クイズの答え

こたえは

アメリカ

でした。

風と共に去りぬとは

『風と共に去りぬ』(かぜとともにさりぬ、英語: Gone With the Wind)は、マーガレット・ミッチェルの長編時代小説。題名は南北戦争という「風」と共に、当時絶頂にあったアメリカ南部白人たちの貴族文化社会が消え「去った」事を意味する。引用:ウィキペディア

映画での主演はヴィヴィアン・リーとクラーク・ゲーブルですね。

日本での初公開は1952年だったそうです

もっとクイズを知りたい方は。。。

ポイントタウンの

ポイントQからの

クイズでした。

もっとクイズを

楽しみたい方は

こちらから

登録して下さいね。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。