<グルテンフリー>寝てる間にダイエット?!

こんにちは、グルテンフリーに挑戦中の三井(40代男性)です。

グルテンフリーを初めて1ヶ月が経ちました。

昨日も書いた通り、ジョコビッチの本をきっかけに始めたのですが、私としては、あまり期待してなかった結果が出ています。

1ヶ月後に−5キロダイエットに成功!

グルテンフリー1ヶ月の結果ですが、体重が5キロ減っていました。

82キロ→77キロ

これは、私としてはあまり期待というか想定していませんでした。

もちろん、ジョコビッチの本にも、痩せてスッキリとは書いてありました。

が、私はアスリートを引退してから25年が過ぎていて、

「もう簡単には痩せないだろう」

と思っていましたので、少し驚きです。

私の体質としては、今でもかなりの筋肉質で、それでいてお腹周りはポッコリ。

中年太りの典型のような感じだと自分では思うのですが、最近は運動も全然なので、お腹を凹ます事は、正直諦めていましたしね。

寝てる間にダイエット?!

正直、1ヶ月に5キロ痩せるのに、何をしましたか?と問われたら、答えは「小麦粉を食べなくなっただけ」なんです。

運動はしていません。睡眠時間やその他の生活も、何も変わっていません。

グルテンフリーを始めて、食生活の面で変わったことと言えば、いわゆるパンを食べていないうどんを食べていない市販品を食べていない、という事でしょうか。

もともと、外食は全然しない方なので、外食が減ったという事は当てはまりません。

というか、嫁や娘が頑張ってくれている事もあり、揚げ物も食べれていますしね。

米粉や片栗粉を使って、”チキンかつ”なんかも食べていますよ。

唐揚げなんかも、片栗粉を使って作ってくれて、(正確には竜田揚げになるんですかね)美味しく食べています。

なので、この体重5キロ減は、まさに寝てる間にダイエットという感じです。

夕食が洋食から和食寄りに

グルテンフリーが始まって、妻と娘に感想を聞いたところ、作る食事が和食寄りになってきたそうです。

和食を目指した、というよりは、自然とそれらのメニューになってきているそうです。

レシピ的には、野菜と肉の炒め物や、茹でた肉などが増えいてるそうで、あとは煮物が相当に増えたと。

当然、和食寄りなので、夕食にパンが出なくなり、お米を食べる事が増えています

それと、野菜と豚肉の出汁が美味しいスープも増えていますかね。

機会があれば、レシピや写真を載せてみようと思います。

グルテンフリーは日本固有の食生活に回帰させる?!

私は、昭和40代の日本が経済成長が著しい時代に生まれ、母がモダンな人だったので、洋食(風)な食事が中心で育ちました。

そして、バブル期にはお酒をたっぷり飲み、高カロリーな肉中心の食事もたくさんしてきました。

なので、我が家も必然的に洋食(風)な食事が多かったのですが、グルテンフリーを始めてた結果、和食寄りになってきました。

グルテンフリーは、民族的、DNA的にも、日本人の身体に合った食生活を実現してくれるのかもしれないと感じている今日この頃です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク